慢性腎不全による人工透析で障害厚生年金2級を取得、年額127万円、遡及で64万円を受給できたケース

男性(50代):アルバイト
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額127万円、遡及額64万円

相談時の相談者様の状況

 足のムズムズ感が出現し、夜間睡眠がとれなくなりました。ある日、自宅近くを歩行中に気を失って病院に搬送されました。血液検査の結果、高度の腎機能障害があるという事で血液透析を開始しました。外来通院を継続していましたが、症状が悪化し再入院となりました。現在、会社近くのクリニックを紹介してもらい、人工透析を継続加療しています。

相談から請求までのサポート

 人工透析を開始した日から3か月後の日が初診日から1年6か月以内であれば障害認定日請求が可能です。御依頼者は初診日から2週間程度で人工透析導入でしたので認定日請求可能とお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額127万円、遡及で64万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864