うっ血性心不全、非持続性心室頻拍、拡張型心筋症によるICD埋込術で障害厚生年金3級が認められ、年額114万円を受給できたケース

男性(50代):会社員
傷病名:うっ血性心不全、非持続性心室頻拍、拡張型心筋症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額114万円

相談時の相談者様の状況

 健康診断で心臓の指摘を受け、定期的に受診をしていましたが、急性心筋梗塞の疑いで救急搬送され入院しました。職場復帰後は主治医が代わったことを機に受診を中断しましたが、倦怠感が強くて眠れない為受診したところ拡張性心筋症によるうっ血性心不全の症状にて即入院となり、非持続性寝室頻拍も認められたため、ICD植え込みに至りました。退院後は2週間に1回通院し、仕事もドライバーからデスクワークに切り替えるよう主治医から指示を受けた。

相談から請求までのサポート

 ICD埋込術を行った場合、障害厚生年金3級に認めてもらえます。初診日から1年6か月以内に手術をしていれば認定日請求が可能でしたが、御相談者様は10年以上経ってからの埋込術でしたので事後重症請求を致しました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額114万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864