大動脈弁閉鎖不全症による人工弁置換で障害厚生年金3級を取得、年額112万円、遡及で84万円を受給できたケース

男性(40代):会社員
傷病名:大動脈弁閉鎖不全症
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額112万円 遡及額84万円

相談時の相談者様の状況

 人間ドックを受診したところ、心電図に異常所見が認められました。精密検査の結果、大動脈弁閉鎖不全症と診断され、早期に手術するように言われました。心カテーテル検査を実施し、手術に際し特に問題がないことがわかった為、大動脈弁置換手術を実施しました。術後は、足の甲の痺れ、不整脈、首の痛み、貧血、血便の症状がありました。
 現在、かかりつけの病院で、内服処方と血液検査等の診療を定期的に行っています。心房細動症状や貧血によるふらつきやめまいがある状態です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話にてお問合せがありました。人間ドックで心臓に異常が見つかり、すぐに人工弁に置換したとのことで、ネットで調べたところ障害年金が受給できるらしいとお知りになったようでした。初診日から1年6か月以内に手術を行っていましたので遡っての請求が可能とお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額112万円、遡及で84万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864