慢性腎臓病で障害厚生年金3級を取得、年額59万円、遡及で119万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:慢性腎臓病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3
受給額: 年額59万円、遡及額119万円 

相談時の相談者様の状況

    高血圧で受診していたクリニックでの血液検査にて腎機能低下を指摘されました。経過観察していましたが、急速な腎機能の悪化が認められた為、専門医を受診しました。月1回受診し、投薬治療を行っていましたが、インスリン治療開始となりました。

現在、倦怠感が強く、立ち眩み、激しい動悸や息切れ、全身の強い浮腫みがあり、歩行困難な状況となっています。人工透析になる可能性を示唆されており、シャント手術を予定になっています。

相談から請求までのサポート

 糖尿病性慢性腎不全で働くこともままならず、傷病手当金も受給し終わり経済的にお不安を抱えてご相談になられました。人工透析なら2級に認定されますが、いまだ透析には至っていないとのことでした。人工透析を待って申請するよりも、インスリン治療中でしたので、糖尿病でまずは受給し、透析になった段階で額改定請求を行ったらというご提案をいたしました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額59万円、遡及で119万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864