慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間136万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:136万円

相談時の相談者様の状況

階段を上がっていたところ呼吸苦になり、救急車で搬送されICUに入室となりました。

検査の結果、血圧は200を超える状態で、急性腎障害も合併していました。
退院後は月1回程度通院し、血圧の薬を処方してもらっていましたが、
体のだるさから受診したところ、血糖値が非常に高いことが判明し入院となりました。

検査の結果糖尿病性腎症と診断され、いずれ透析になると言われ、
薬でコントロールしていましたが、クレアチニンの値が9を超えていることが判明し、
シャントの作成手術を行いました。

自覚症状が出るまでは透析導入を見送る意思を伝え経過観察をしていましたが、
尿毒症の症状が出たため透析を導入となりました。その後、職場近くの夜間診療可能な病院に転院し、週3回通院している状態でご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診を「糖尿病性腎症」の診断が出たときにしようと思い受証をとりましたが、
悪性高血圧と因果関係があると記載されたため、そこまで遡ることとなりました。

10年程前でしたが大きな病院だったためカルテは残っており、
問題なく手続きを進めることができました。

結果

結果、事後重症請求の障害厚生年金2級が決定し、年額136万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864