ブルガダ症候群による植込み型除細動器(ICD)装着で障害厚生年金3級を取得、年間59万円、遡及で312万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:ブルガダ症候群
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害基礎年金 : 年間59万円、遡及額312万円

相談時の相談者様の状況

 飲酒中に意識消失し、救急搬送されました(それまで自覚症状は一切ありませんでした)。心電図所見よりブルガダ型心電図が認められ、緊急入院となりました。精査加療目的に大きな病院に搬送され、緊急入院となりました。翌月植込み型除細動器移植術、心臓電気生理学的検査を受けました。
 現在ペースメーカー外来にて3ヶ月に1回定期フォローを受けています。             

相談から請求までのサポート

原則として、初診日から1年6か月後が障害認定日になりますが、植込み型除細動器(ICD)装着手術をした日が初診日から1年6か月未満の場合、障害認定日は手術をした日になります。ご相談者の場合、初診日から1か月経過しないうちに手術となりましたので5年間遡及できることをご説明いたしました。

 結果

障害厚生年金3級を取得し、年額59万円、遡及額312万円を受給することができました。

1分間受給判定はこちら

当事務所では、難病や申請に困難を感じる方でも受給出来るよう、
数多くの受給を成し遂げた実績のある我々社労士がサポート致します。
フォームに記入頂ければ、「現在お困りの症状で受給の可能性がどのくらいあるか?」を
後日折り返し、簡潔にお伝えいたします。

    お名前 (必須)

    現在の年齢 (必須)

    調子が悪くなり始めた時期に加入していた年金の種類は? (必須)

    傷病名 (必須)

    現在のお体の状況(必須)

    就労状況について
    就労中休職中(休みがち)無職

    ご連絡可能な電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ※送信後、翌営業日にご連絡致します。

    関連記事

    クイックタグから関連記事を探す

    「内科系の障害」の記事一覧

    事例の一覧に戻る

    障害年金無料診断キャンペーン

    LINEで障害年金のご相談

    漫画でわかる障害年金

    相談事例

    無料障害年金勉強会開催中

         
    平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864